裁判覚悟で戦うための準備

裁判を起こす際に悩むのポイントとして費用があります。依頼を行う弁護士への謝礼を払う必要があり、大半の方が金額面において裁判を起こすかどうかで悩む事になります。

 
弁護士への謝礼の金額は、裁判における経済的利益に応じて変更する事がほとんどであり、仮に経済的利益が生じない場合には最低金額が設定されています。

 
着手金は必須となりますが、勝訴とならなければ報酬を支払う必要はありません。

 
以上より、金銭面においては弁護士の方に相談する事でクリアになります。

 
実際に裁判を起こす事となった際には、裁判で戦うための証拠をそろえて行く必要があり、場合によっては個人または会社のプライバシーに関わるような内容を公にしなければならなくなります。裁判はそのようなリスクに対する覚悟がなければ実行できません。

 
なお、裁判所は基本的に土日祝日は休みなため、平日に裁判を行う事となるため、個人の場合には就業先との休暇調整が必要となります。なお、裁判の情報は公開されているため、休暇取得がどうしても難しそうな場合には正直に上司へ申し出ると良いでしょう。

 
なお、弁護士の対応如何によっては弁護士が代理人として対応してくれる事で、直接法廷に出廷しなくても良い場合があります。

コメントは受け付けていません。