盗作をしたら負う刑事責任と罪名

著作権侵害とは、著作物に対しての正当な権利を持っていない第三者が、利用することにより発生します。
感じたことや思ったことを独創性を持たせて表現したものが、著作物として認定されるのであってこの条件下にないものには、著作権侵害などの権利は主張することができないのです。

 
音楽や文芸作品などで、盗作疑惑といった問題が持ち上がることがあります。

 
これらの作品は多くの人の目や耳に触れる機会があるために、誰もが知る機会があることになります。

 
創作家達も、その日常生活の中で他の人の創作した作品に触れる機会もあり、自然と頭の中に残っていることもあり得るのです。
どことなく似ている作品というのは、世の中には溢れていますが、それでも全く別人の作った作品であれば、どこかが違ってきます。
こういった判断に迷ってしまう作品というものは、訴えること自体が慎重を期す必要があるのですが、誰が見ても盗作したのであろうという場合も残念ながらあるのが現実です。

 
この場合は、損害賠償請求や差止請求などの民事的請求が認められています。

 
悪意の有無は別にしても、故意に盗作した場合には、著作権を侵害された被害者として、加害者側には刑事責任を負ってもらう権利があるのです。
盗作とは、懲役や罰金といった刑罰の対象になる犯罪の一つに違いないのです。

 
また、刑罰の他にも社会的制裁を受け、多くの信頼を失うこともあります。

コメントは受け付けていません。