技術的な対策方法

SNSが普及し、暮らしはますます便利になっていきます。それにつれて問題となるのがネット上の著作物の盗作です。自分の書いた著作物が勝手にアップロードされた、自分のブログにそっくりなブログがある、等々この手の著作権侵害は知らず知らずの行われ重大な損害を被ることも少なくありません。自分のハンドルネームを他人に勝手に使われた、というのも立派な著作権侵害なのです。
こういった問題に対処するのには幾つかの方策があります。一つ目は特定の利用者に対するアクセス制限をかけることです。最近のネットサービスにはアクセス制限がかけられるものが多いので、どういった人々に自分の著作権が侵害されているかが解れば簡単にフィルターをかけて自分のサイトに対するアクセスを制限できます。一人一人が持つWeb上の固有番号(IP)を変えてアクセスされるとちょっと対策しづらいのですが、その際は主要なプロキシからのアクセスを制限すれば対応できます。
他に特定のワードによる検索避けをすることで盗作を阻止できます。盗作する側としては検索を使ってあなたのサイトを探してくるので、彼らが検索するようなワードであなたのサイトに到達できないようにサイトのソースを改変してやればよいのです。これには少し技術が要りますので、業者に頼むのが一番でしょう。
いずれにせよ、盗作されてからでは遅いのです。著作権侵害の訴訟には時間と手間がかかり、とてもお勧めできません。盗作に対しては上記のような方法での予防が肝心だということを覚えておきましょう。”

コメントは受け付けていません。