本当に盗作かどうかを見極めるチェックポイント

WEB上で文章を作成する際に気を付けなければならない事の一つとして他人の文章の盗作になっていないかという事があげられます。

 
また自分が公開している文章がどこかで知らない間に使われてしまっている場合、それが盗作にあたるのかどうかも判断の難しいところです。

 
ではそもそも盗作とはなんなのかというと、他人が作ったもの書いたものを自分が作ったり書いたもののように見せる事を言います。これはプロの方の作品に限らず一般人のものであっても同じ扱いになります。したがって「引用」は盗用にはあたりません。

 
引用は書いた人とどの作品から引用したかを明示してあると引用となります。逆に言うとそれらがなければ引用ではなくなってしまいます。公表されている著作物は引用をすることが出来ますがそれは法律で公正な慣行と正当な範囲内でなければならないとされています。

 
ここが判断の難しい部分となりますが社会通念に沿ったものであるかを考えればある程度の答えが出ます。他人の作ったものをその事実を隠して発表し名声を得ればあえてオリジナル作品だと主張せずともそれは盗作です。

 
また、他人が書いたオリジナルの文章を変化させて書いてあったり、一部の言葉を変化させたりしてあっても、さらに全体の構成の順序などが入れ替えられていたとしても、実質的に同じものなのであればオリジナルとは言えません。盗んだ証拠とは共通点の数ではなくその作品の中身が同じものなのかどうかという部分なのです。

コメントは受け付けていません。